美術館北通り診療所ブログ

長寿遺伝子/Key Word:サーチュイン・テロメア

2020年1月6日 / お知らせ

慌ただしい年末年始を過ごし、バテ気味になっていませんか?Tan×②です。

厚生労働省によると、日本人の平均寿命は男女ともに80歳以上(男性:81.09歳 女性:87.26歳)を超え、2018年時点で100歳以上の方は約5万人となりました。これを四国4県でみると愛媛県が最も多く1140人。香川県が818人、高知県が689人、徳島県が552人という順番であったそうです。

◎摂取カロリーを減らす⇒長寿遺伝子の活性化

各メディアで“長寿遺伝子”という言葉をよく耳にします。これは、「サーチュイン」と呼ばれる遺伝子で、活性化させる方法は、ズバリ摂取カロリーを減らすこと。また、NAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)というサーチュインを活性化させる因子もあり、このNAD+はたくさん食べていると減り、反対に食べる量を減らすことで増えるそうです。

◎染色体:テロメアの長さ⇒寿命の長さ

染色体の両端にテロメアという部分があり、細胞が分裂するたびに短くなっていき、長さが半分くらいになると細胞の老化が始まり、分裂する能力を失っていくそうです。  それに反し、テロメアがあまり短くならない細胞(血球やリンパ球を作る造血幹細胞など、新しい細胞を生みだす役割を持つ幹細胞)の寿命が私たち人間(個体)の寿命とも関連性が高いといわれています。            <Style.nikkei.com 一部引用>

本年も、地域の皆さまの信頼を受け、また健康を担う診療所として、全職員が日々努力致す所存です。今後ともご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、皆さまにとって良い一年になることを念じつつ、新年のごあいさつとさせていただきます。

あけましておめでとうございます!

2020年1月4日 / お知らせ

あけましておめでとうございます!
Hです!
皆さん、年末年始はゆっくり過ごせましたでしょうか?
年末年始はダラダラと過ごしてしまったり、つい食べ過ぎてしまったりと、正月太りになりやすい時期です。休み明け、いつもより2~3kg体重が増えてしまった、という人も多いはず。
そんな私も食べて寝てを繰り返して、お正月太りをすることに成功しました。笑

でも、短期間で増えた体重は短期間で戻すこともできます!
脂肪が体に定着してしまう前に、今すぐ私と一緒にリセットしましょう〜!!

■正月太りの脂肪は早いほど落としやすい
正月太りの原因は、食べすぎ、飲みすぎと運動不足です。年末からのイベント続きに加え、寒さで体を動かさずにいるうちに、あっという間に体重オーバーに、、、😱
ただ、太った分が全部脂肪になって体についてしまっているかというと、実はそうではないのです!

冬は味の濃いものを食べることも多く、それによって体内に水分がたまりやすくなります。つまり、太った体重のほとんどはむくみ。脂肪となって体に定着する前なら、比較的簡単に落とすことができるのです!

また、カロリーオーバーによって増えた脂肪も、時間がたてばたつほど落としにくくなります。
体についてすぐの脂肪は水分が多くてやわらかく、少しの運動でも効果的に落とすことができます。これが時間がたって固まってしまうと、筋肉と絡み合ってぜい肉として定着してしまうことに。
正月太りをなかったことにするためには、休み明けの今、対策をしておくことが重要なのです✨

■体のむくみを徹底的に落とす
まずは、正月太りの原因No.1であるむくみを取り除きましょう!
休みの間にたくさん食べていた甘いものやお酒、油っこいものはストップ✋
トマトやきゅうり、海藻類などカリウムを豊富に含む食材や、水分を積極的にとるようにして、体内の老廃物の排出を促します。

また、体の冷えにも注意⚠️
温かいお風呂にゆっくりつかったり、靴下をはいたりして体を冷やさないように注意しましょう!
大きな血管のある首元などは、マフラーやストールを巻いてしっかり温めて✨
腰などには使いすてカイロを活用するのもおすすめです!

■体を動かしてダラダラ生活をリセット
正月太りで一時的に増えた体重は、特別な運動をしなくても、日常生活のちょっとした工夫である程度元に戻せます。

たとえば、会社や自宅マンションではエレベーターではなく階段を使い、通勤電車で座席が空いても立ったままをキープ🔥
ウォーキングも有効なので、会社の行き帰りに一駅手前で電車を降りて歩くようにするのもおすすめです!!

正月太りを解消するには、休み明けの1週間が勝負!
心と体のゆるみをしっかり引き締めて、短期集中でスリムな体を取り戻しましょう✊

インフルエンザ

2019年12月15日 / お知らせ

みなさん、こんにちは。ぽん太です。

令和元年12月6日に香川県健康福祉部薬務感染症対策課より「例年よりやや早いインフルエンザ
流行期入り」が発表されました。県下の小学校では何校か学級閉鎖になっているようです。
全国では一足早く11月15日に厚生労働省から流行期入りが発表されていたようですが、今後は
流行のピークに向かってまっしぐらになりそうです。

インフルエンザの歴史はとても古く、紀元前412年「医学の父」ヒポクラテスによって「ある日突然
多数の住民が高熱を出し、震えがきて咳が盛んになった。たちまち村中にこの不思議な病が拡がり、

住民たちは脅えたがすぐに去って行った」と記録されています。 冬季に大流行し、春には収束するという周期性から、16世紀頃の占星術師はインフルエンザの流行を星の運行や寒気の影響によるものと考え、ラテン語の『Influentiacoeli(星の影響)』という言葉にちなんで『influenza』と呼んだことから、インフルエンザという言葉が世界中へ広まったと言われています。

 

…某女性アイドルグループが『インフルエンサー』という曲を歌っていましたね。

私はしばらくの間『インフルエンザ』だと思っていました。

 

私の小ボケは置いといて…インフルエンザの歴史はとても古いですが、流行が科学的に立証された
のは1900年頃だそうです。比較的近年の発見ですが、100年足らずの短期間に『スペインかぜ』
『アジアかぜ』『香港かぜ』『ソ連かぜ』と4度もの大流行があり、都度多大な犠牲者が出ています。

現代でも65歳以上の高齢者や慢性肺疾患、心疾患等の基礎疾患がある方は一般的に抵抗力が低下しているため、インフルエンザに感染すると重症化や合併症を引き起こす可能性が高いとされています。同居するご家族や周囲の方も含めて、予防対策をお勧めします。

 

予防の3原則
1.免疫をつける
インフルエンザワクチンを接種するのが効果的です。ただし「打ったからかからない」のではなく、発症しても重症化や合併症を抑え、症状を軽くしたり抑えたりする効果があるということです。
2.感染経路を断つ
インフルエンザの主な感染経路は飛沫感染と接触感染です。
人込みを避け、外出の際はマスクをする。こまめな手洗いとうがいで家族への感染を防げます。
3.基礎抵抗力をあげる
体力を上げればインフルエンザや風邪にかかりにくくなります。それには①十分な睡眠と休養 ②バランスのとれた食事 ③健康的な生活習慣 を心がけましょう。

 

私たちは毎日様々なものに触れて生活しています。ウイルスの体内侵入を防ぐ手洗いは非常に重要です。正しい手洗いを徹底しましょう。 流行のピークは3月まで続きます。今からでも遅くはありません。アレルギー等の特別な事情がなければインフルエンザワクチンを接種することをお勧めします。