「2013年04月」の記事

『ストレス』と『睡眠』のおはなし

2013年4月30日 / お知らせ

みなさん、こんにちは☆いつも元気なTan×2です☆

 

春眠、暁を覚えず 処処に啼鳥を聞く……。 <孟浩然「春暁」から>

 

現代では、ストレスによる睡眠障害に悩む人たちが急増し、社会問題にもなっています。

ストレスによる不眠(睡眠時間に関わらず、寝つきが悪い、眠りが浅いなど睡眠への満足感が得られない状態)は、さらなるストレスとなり、悪循環を招きます。ある研究調査では、性別に関係なく不眠に悩む人ほど疲労感が高く、抑うつ症状(気分障害)になりやすい傾向にあるという結果になりました。また生活習慣病(高血圧や糖尿病・メタボ)の患者は、健康な人と比べて不眠・疲労・抑うつ症状が高いことが分かっています。

 

<快眠の対処法>

①    適度な運動:ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動も効果的ですが、翌日に疲労を残さない程度が運動のコツです。

②    夕食を早めに済ませる:洋食よりも和食を中心に心がけましょう。

③    入浴の工夫:40℃くらいのお湯で半身浴がおススメです。(約15~20分程度)、全身の血行を促すことで身体の緊張をほぐし、疲労の回復を早めてくれます。適度な水分補給もお忘れなく!

④    寝室環境の改善:ポイントは『光』です。就寝前の携帯電話(スマートフォン)操作やテレビ鑑賞は自律神経(副交感神経)の切り替えが妨げられてしまいます。室温は22~24℃、湿度は50~60%が理想的です。

 

☆☆美術館北通り診療所5Fでは無理なく楽しく参加できる運動療法を常時実施しております。興味のある方は主治医または当診療所にお問い合わせください。

紫外線対策。

2013年4月21日 / 日々の出来事

先週の診療所は冷房をつけたり、暖房をつけたり。
季節を行ったり来たりした一週間でしたね。

気温は上がったり下がったりしましたが、
紫外線は強まってきていますよ。

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、
シミやシワをはじめ、からだの老化の原因になります。


紫外線ケアには抗酸化作用のある食事も大切との事!
ビタミンCやアスタキサンチンといった栄養素を

意識的に摂るといいそうです3b13af75ee0b827e7110318af773dafa.gif



アスタキサンチンは聞きなれないですよね。
鮭や赤い魚介類に多く含まれています。
海老せんべいを食べるときも
「アスタキサンチンを摂っている!」と思って食べると
今まで以上においしくお得な気分なるかもしれませんf61277627febd023076ea45f54db81b0.gif

出会いと別れ・・・

2013年4月19日 / お知らせ

気が付けば、4月も下旬にさしかかり、月日の流れは早いものですね・・・

最近、立て続けに親戚に不幸が続き、気分がブルーな私です。

そんな中でも、在宅療養で亡くなった叔父さんは、本当に穏やかな

優しい顔で眠りについていたのが、とても印象的でした。

長年住み慣れた家で家族に看取られて天国へ旅立つ事は

とても難しくなってきていますが、少しでも家族の方や

患者さんの力になってさしあげられるように、当院は

在宅療養支援診療所として認定されていますので、小さな事でも

悩んでいる事があれば、是非ご相談ください。