「2013年08月」の記事

ロコモティブ シンドローム

2013年8月24日 / お知らせ

みなさん、こんにちは☆

 

今回は『ロコモティブ シンドローム』についてです!!

 

ロコモティブ シンドローム(以下、ロコモ)とは将来、介護が必要になる危険性が高いか、すでに要介護になっている状態をいいます。日本語に訳すと「運動器症候群」と呼びます。このロコモの引き金は骨や筋肉など身体を動かす運動器の衰えが原因となります。加齢によって運動器が衰えてくると、「立つ・歩く」といった移動能力が低下し、生活自立度の低下(ADL低下)を招いてしまいます。

最近の研究では、男女ともに40代以上の5人に4人はロコモかロコモ予備群という報告もありますので、恐ろしいかぎりです。ロコモとの関連が疑われるのが、筋肉が過剰に減少する「サルコぺニア」と骨密度が減少していく「骨粗鬆症」です。20歳~50歳代までに筋肉量は約10%減少し、50歳~80歳代までには30%~40%も減少していきます。全身筋肉量の3分の2は下半身に集まっているので、下半身の筋肉群はサルコぺニアになやすい、まさに『老化は足腰から』といえますね。

 女性は男性にくらべて筋肉量が少なく、閉経後は骨が脆(もろ)くなって骨折しやすくなります。足腰を使う適度な運動でロコモ対策をさっそく始めていきましょう!!

 

 美術館北通り診療所5階では、ロコモ対策に効果のある運動療法「マシンを使った有酸素運動や筋力トレーニング」を常時実施しております。お気軽にご参加くださいませ!!

熱中症に注意

2013年8月18日 / お知らせ

今朝、築港の赤灯台までrun & walk

赤灯台_

 

 

 

 

 

 

暑かった!!

 気温

 

 

 

 

 

 

 

熱中症には注意してください。

熱中症治療