「2016年01月」の記事

送別イベント

2016年1月24日 / お知らせ

暖冬から一変、寒波到来ですね。
どんどん寒さも厳しくなりますので、皆さま体調には十分気をつけられてくださいね。

さて、昨日は1月末で退職する看護師の吉岡さんの最終出勤日でした。

診療終了後、ちょっとした送別イベントがあり、
瀬尾院長から花束、豊永副院長から記念品をお渡ししました。

吉岡看護師は在宅訪問診療の充実を目指して地域の皆さまの『その人らしく生きるためのお手伝い』をさせていただいていました。

そんな吉岡看護師からの一言です。

「診療所をご利用して頂いている皆様、いろいろお世話になりました。
ご自分のカラダの声に耳を傾けて、健やかに過ごしてください!診療所はいつでも、皆さんの健康をサポートしていますよ!」

最後は、在宅訪問診療でよく同行していた瀬尾院長と記念撮影。

IMG_8608[1]

winter

2016年1月21日 / お知らせ

こんにちは。Tです
私事ですが今年最初のブログとなります。いい一年にしましょう。
暖冬といわれていましたが、寒くなりましたね。子供の冬休みの宿題に「冬の行事」という課題がありました。何があるのか悩みました。その結果、冬至、お正月、七草、大寒・・・などがあり、お正月は歳神様を迎え家族の健康などを祈り、大寒は一番寒い日ですが、冬至から何日後とかの意味がありました。知っていたようで知らないことでした。我が家では冬は「スポーツの季節」でしたから。スキー、スノボー、アイススケート・・・。スケートで上手にスピンしたい。スキーで上手にターンしたい。挑戦したいことは多々ありますが、今季の大きな私の目標は、上手にこけて骨折や怪我をしない!です。前季はスケートで挑戦した結果、こけた後しばらく、肩と手首が痛くつらかったです。だからこけるのは仕方ないとしても、骨折だけは避けたいのです。皆さんも骨折や怪我の予防のためにスポーツの前後はストレッチをしましょう。でも楽しいことばかりではありません。お正月も終わり、来客が落ち着いて後は片づけや掃除ですね。一月は「いぬ」と言われ時間に追われるために、つい過度な作業により痛みの誘発や悪化につながることも見受けられます。そのため自分のペースで休みながら行う事が重要となります。また隣の部屋やトイレなどの寒暖の差も血圧変化に注意が必要です。手根管症候群(腱鞘炎)は手首の使い過ぎでも起こります。下ばかりむく姿勢を続けていると、頚肩腕症候群や頸椎の障害などを引き起こし、ひどい時は指などのしびれも伴います。肩を一生懸命肩を使っているだけですけど、五十肩になるときもあります。中腰からは腰痛などを引き起こします。腰が原因で足にしびれがある場合もあります。痛みの原因になる姿勢や負担はできるだけ避けたいものです。

寒いですね!!

2016年1月19日 / お知らせ

こんにちは、お久しぶりのK2です。

最近になってめっきり冬らしくなってきましたが、皆様風邪などひかれていませんか?

診療所のスタッフも体調を崩す人がちらほら出てきていますので体調管理には十分

お気を付けください。

さて、この寒い中、私たちテニス部は寒中練習にいそしんでおります。時には粉雪の舞う中

部活のように練習しています。

先週は雪が降りそうな天気の中、初打ちをしてまいりました。年末年始にかけて練習していなかった

ので久しぶりに動いてとても気持ち良かったです。

週に1回でも思いっきり身体を動かすのは心身共にリフレッシュしてストレス発散にもなりますし

これからも続けていきたいと思います。

皆様も運動をして身体を鍛え、風邪やインフルエンザに負けない身体作りをしていきましょう。