「2016年06月」の記事

6月4日

2016年6月4日 / 日々の出来事

二回目のブログになります、TUTUです。今日は虫歯の日ですね。小学校の歯科検診でプリントをもらい、何度も歯科へ通っていたのを思い出します。待合室にまで響いてくる「キュイーン」というなんとも言えない音に、治療前から嫌~な気持ちになりましたよね。

 

大人になり歯科へ通う機会も少なくなりましたが、「虫歯」と並ぶ重大な病気「歯周病」についてみなさんはご存知でしょうか?歯周病とは、歯の周りの歯ぐきや歯を支える骨などが細菌感染により破壊される病気です。初・中期には痛みを感じることなく進行し、なんと日本人の40歳以上の約80%がこの病気に罹っているそうです。そして歯周病に慢性的に罹っていると、様々な全身疾患にも大きな影響を与える事が最近の研究により明らかになっています。心臓血管疾患・脳卒中・糖尿病の悪化などを引き起こす可能性を高めたり、気管支炎や肺炎などの呼吸器疾患の原因ともなるそうです。

これらの病気の予防の為にも、歯周病予防に取り組んでいかなくてはいけませんね!

 

みなさんもこの機会に、歯科検診も受けてみてはいかがでしょうか??

もうすぐ梅雨が始まりますね(><)

2016年6月3日 / 日々の出来事

お久しぶりです。Nです。

さわやかな晴れのお天気が続いていますが、明日から、梅雨がやってくるみたいです(;;)じめじめした梅雨の時期は、どうも体がスッキリしませんよね?

なかなか疲れがとれないうえに、体がだるい!その上頭はボッ~としたまま。

梅雨の時期は、低気圧の配置や副交感神経の影響などで、体そのものがお休みモードに入ってしまいます。

そのため、体がだるいとか、何もかもやる気が起こらないとかいった症状が起こり、体を動かして何かをしようと活動することが減ってしまいます。

結果、血のめぐりが悪くなります。
気圧が低いことによってヒスタミンの分泌が多くなり、肩凝り、偏頭痛、腰痛などの症状が、さらにひどくなり、ストレスも感じやすくなります>へ<

そこで、梅雨の疲れとだるさを解消する方法をお教えします♪

◎できるだけ日光にあたるようにしましょう!

日光にあたる時間が少ないと眠りが浅くなって疲れが取れないということも。
晴れている日はできるだけ外出するとか、仕事中の方はお昼休みの時間を利用して、外出するように心がけるといいですよ。

太陽の光にあたると、気分転換にもなるし、体内時計もしっかりと整えてくれるので睡眠の質をよくしてくれますよ。

◎ぬるめのお湯にゆっくりとつかるようにしましょう。

38~40℃ぐらいのぬるめのお湯で半身浴をするのがおすすめです。

暑くて冷房の効いている部屋で長時間過ごしたりすると、皮膚の末梢の血行が悪くなって汗をかきにくくなります。

お風呂に入って汗をたくさんかくことで、汗腺の働きがよくなり熱を体にためにくくなります。
汗をかくことによる爽快感がえられますよ!
すぐにでも取り入れられる方法ばかり!
身近にできることから一つずつ実践していきましょう。

梅雨の時期を乗り切って、夏に向かって元気を取り戻しましょう♪