「2016年12月」の記事

今年もお世話になりました。

2016年12月30日 / 日々の出来事

2016年にやり残したことがあるスタッフTaです(^-^;

(読み切らなかった本が枕元に山積み。。。)

 

 

本日が2016年の診療の最終日となりました。13:00までです。

今年も、ご受診いただいたたくさんの方々、

近隣の皆さまや、各施設の方々の暖かいご支援をいただきました。

ありがとうございました。

 

 

人混みに出掛ける機会が増える年末年始ですが、

感染性胃腸炎や、インフルエンザが流行っています。

マスクの着用、手洗いうがいを忘れないように!

また、少し調子が悪いと思ったら無理に出掛けないように!

 

 

2017年は 1月5日(木)から通常診療 です。

 

年明けから感染性胃腸炎やインフルエンザで

診療所に駆け込むことがないよう、楽しい年末年始をお過ごしください!

 

年末ですね

2016年12月27日 / お知らせ

愛犬家Tです。

今年も残すところあと1週間となりました。

この年の瀬にノロウイルスが大流行しているようです。

ノロウイルスの潜伏期間は1~2日。インフルエンザは2日~1週間も潜伏することを思うと、非常に短い期間で発症することが分かりますね。

ノロウイルスにかかった時に見られる症状は主に3つあります。

1つ目が吐き気や嘔吐。激しい吐き気と共に、嘔吐を伴います。

2つ目が腹痛や下痢。激しいお腹の痛みと伴に、水状の便が止まらなくなります。

3つ目は軽い発熱や頭痛です。発熱しないことも多く、微熱が出たとしてもすぐに熱はひき、後遺症が残る心配もありません。

ノロウイルスの対処方法

水分と栄養の補給を心掛けましょう。

激しい嘔吐がある時は無理に水分を取る必要はありませんが、嘔吐が治まってきたらスプーン1杯程度から水分補給しましょう。

この時の水分は、体に浸透しやすい「経口補水液OS-1」などがオススメ。スーパーやコンビニには置いていないことが多いですが、ドラッグストアや薬局に行けば手に入ります。

ノロウイルスの予防方法

ノロウイルスの感染経路は2つあります。

1つ目が、接触感染。手洗いを徹底すること、感染者の嘔吐物や便は素手で触れないこと、調理前や食事の前には石鹸でしっかり手を洗うことが重要です。

2つ目が、空気感染。接触感染に比べるとリスクはかなり低いのですが、感染する可能性は0ではありません。感染者がいる場合にはマスクで予防すると安心です。

しっかり予防をして健康体で新年を迎えられるようにしましょう。

さて、診療所は30日の午前診療が今年最終となります。

新年は1月5日より診療開始となります。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

MerryChristmas🌟

2016年12月25日 / 日々の出来事

img_0936
高松冬のまつりが30回目の今年で終了しました

今日は消灯式でしたので、お母さんコーラス隊として手話コーラスで最後のテーマソングを歌ってきました。寒い中たくさんの方が高松の中央公園に集まっていました

私ごとですが、1993年頃から何らかの形で関わってきましたので、冬の行事が一つなくなるのは とてもさみしいです

 

冬といえば、寒くなって空気が乾燥してくると流行るのが、インフルエンザと感染性胃腸炎😱

診療所でもインフルエンザや感染性胃腸炎の患者さんが少しずつみられるようになってきました

感染を予防するためにはご存知の通り、こまめな手洗いとうがい、あとは人混みを避けるとか、マスクを着用するとか…それからしっかり休養と栄養をとりましょう

今年もあと一週間

何となく何かに追われているような慌ただしい日が続きますが、元気に新年を迎えたいものです

三度の飯より歌うことが大好きなおたんこナースでした