「2018年03月」の記事

花粉症〔hay fever/ Pollinosis〕

2018年3月26日 / お知らせ

つらい花粉症の季節がやってきました!

久しぶりのブログ担当、TAN×②です!!

 

花粉症を引き起こす植物として、代表的なスギやヒノキなどを含めて60種類以上もあるそうです。また、ヒノキによる花粉症患者も近年では、増加傾向にあるそうで黄砂が飛来する時期と重なると、咳の症状が強くなるそうです。

 

<花粉症の症状>

化学伝達物質(IgE抗体+肥満細胞)である①ヒスタミン、②ロイコトリエンによって、様々な症状を引き起こします。

  • ヒスタミン(知覚神経を刺激):目のかゆみ・鼻水・くしゃみ
  • ロイコトリエン(血管を拡張):目の腫れや充血

 

<花粉症対策>

  • 手洗い・うがい・洗顔、②掃除の励行(特に窓際を念入りに)、③表面が毛羽立った毛織物などのコートは避ける、④布団や洗濯物の外干しは控える、⑤生活に運動を取り入れて、基礎体力を向上させる。

 

☆日本気象協会や花粉飛散情報(環境省)はとても参考になります!

 

しっかり予防して、さわやかな春を満喫しましょう!!

桜の季節とともに

2018年3月26日 / お知らせ

眼科、吉です(^^)

 

桜が咲くか咲かないかのワクワクした気分と同時に、またまた春の花粉の季節がやってきましたね。

 

そこで花粉の飛びやすい日や時間帯を調べてみました。

 

≪花粉が飛散しやすい日≫

・晴れの日

・くもりの日

・湿度が低い

・雨の日の翌日

・最高気温が高い日

 

≪花粉が飛散しやすい時間帯≫

・11~15時頃の昼前後

・夕方~日没後にかけて      

 

だそうです。

花粉との接触を避けるよう注意しましょう。

・外出時は帽子、ゴーグル、マスク、コートを着用

・コンタクトレンズは使わずメガネを使用

 

≪目がかゆくなったら≫

・冷たいタオルやタオルを巻いた保冷剤などで冷やす

・人口涙液で花粉を洗い流す

・水道水や市販の目洗浄カップなどは涙液層の安定性を低下させるため頻回に洗眼することを避ける

 

もちろん点眼薬もございますので、早めに眼科にご相談ください(^^)

骨年齢

2018年3月23日 / お知らせ

写真家Kです。

ようやく春らしい気候になってきましたsun.gif

しかし、まだインフルエンザが若干流行っているそうです。体調にはお気を付け下さい。

みなさん、自分の骨年齢はご存知ですか?icon_question.gif

日本は超高齢化社会に向かっており、日本人の骨粗鬆症の患者さんは、その予備群を含めると約2000万人いると推定されています。

骨粗鬆症は、文字通り、骨がスカスカになり、もろく骨折しやすい状態になります。高齢者の方で転倒して、大腿骨頸部骨折(足の付け根の骨折)することがあります。

そこで、骨量低下を防止するために、まず乳製品・小魚・野菜等のバランスのよい食事摂取をすることが大切です。カルシウムばかり摂取するのではなく、ビタミンDを一緒に摂ることをお勧めします。ビタミンDは、カルシウムの骨への吸収率をより一層高める効果があります。

骨粗鬆症は、男女比でいうと、圧倒的に女性のほうが多いです。女性の場合は、閉経後や更年期に入ると、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、骨量も低下します。

また、最近の若い人は、極端なダイエットや、偏った食事によって、からだのバランス・ホルモンが崩れ、骨密度の低下を来すことも考えられます。

当院での検査の方法は、足首を所定の位置において、1分くらいで簡単に測定することができます。結果は、すぐに判りますので、気になる方は、スタッフにお尋ねください。