「2018年12月」の記事

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)のおはなし

2018年12月15日 / お知らせ

みなさん、こんにちは☆Tan×②です☆

朝晩の冷え込みを徐々に感じる季節になってまいりましたね。

 

今回は『筋筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)』についてです。

 

この疾患は画像検査や血液検査などをしても異常所見が見当たらないにもかかわらず、筋肉・筋膜及び周囲の軟部組織にうずくような『痛み』や『凝り』を主症状とします。

一般的によくある頭痛や肩こりや腰痛など、訴えの多くがこのMPSに起因しているといわれています。

MPSの特徴は、筋肉内にしこり(硬結)があり、ここを触ると痛みに対し敏感な点(発痛点)、いわゆる“トリガーポイント”を有することです。MPSにはトリガーポイントに少量の麻酔薬を注入するト“リガーポイントブロック”が有効です。これにより「痛みの悪循環」を断ち切ることができます。

 

痙攣(けいれん)がある筋肉名 痛み、しびれが広がる部位
小殿筋(足の付け根付近) 足の付け根から足首にかけての足全体
上後鋸筋(背中の肩甲骨付近) 肩から指先まで腕全体
腰方形筋(腰の背骨付近) 腰及びお尻の広い部分

☆また、痛み、しびれを感じる部位が、時間の経過と共に移動する事があるのも、この病気の特徴の一つです。

<参考・引用文献>

JMPS(筋筋膜性疼痛症候群研究会)

加茂淳 『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』 風雲舎 2009

 

☆上記のような症状でお悩みの方、お気軽に当診療所までお問い合わせください。

 

 

焼き芋

2018年12月7日 / お知らせ

こんにちは。シロクマです(^^)

寒くなってきましたね。
寒い時期にはあたたかい物を食べて体の中から
温まりたいですね。

先日、友達と落ち葉を集めて焼き芋をしました。

じっくり焼いたさつまいもは、あまくてホクホクして
とても美味しかったです(*^_^*)

友達のお子さんは、生まれて初めての焼き芋でした。
美味しい、美味しいと言って1本丸々ペロリと食べ
ました。
嬉しそうな顔をみて癒されました(*^_^*)

冷え性

2018年12月6日 / お知らせ

愛犬家Tです。

寒さが本格的になり、冷え性で悩む方も多くなってくる季節になりました。今日は冷え性の改善方法を紹介したいと思います。

1 栄養バランスの良い食事

 体には37度より低い温度の飲食物を摂取すると体熱放散を少なくし体温を上げ、37度より高い温度の飲食物を摂取すると、皮膚表面の血管を拡張させ体熱放散を増やし、体温をもとに戻す仕組みが備わっています。

 こうした体温の恒常性を保つメカニズムを良好に維持するために、栄養バランスの良い食事が必要となります。

2 タンパク質を十分にとる

 食事で摂取したエネルギーのおよそ8割は熱になるが、食事の量が少ない場合や、胃腸が虚弱で栄養吸収が悪い場合は、熱産生が不足して体温が低下しやすくなります。

 タンパク質は、脱アミノ反応やアミノ基から尿素を生成する反応の過程で運動とは関係なく熱を産生します。

3 生活に運動を取り入れて筋肉を鍛える

 体の熱の約6割は筋肉によってつくられるため、背中・お腹・お尻・太股などの大きな筋肉を鍛えると、冷え性を改善につながります。また、血液を心臓に戻すポンプのような働きをしているふくらはぎの筋肉を鍛えると、効果的に血流を改善できます。

4 長時間の入浴は逆効果

 一般的に冷え性には湯温40~42度の全身浴が良いとされています。全身浴はただ体を温めるだけでなく、筋肉のこりをほぐし、体の細胞が熱にさらされると増える熱ショックタンパク質による体の修復作用も期待できます。ただし、入浴が長時間続くとのぼせるため、湯船に肩まで浸かるのは5分間まで、全体は10分を目安にすると安全です。

5 アルコールを飲み過ぎない

 アルコールには体を温めると思われがちだが、冷たいビールも燗をした日本酒でも、アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドが血管を拡張させるため、皮膚から熱が大量に放散されます。お酒を飲み過ぎると体温が低下しやすくなるので、飲み過ぎに注意しましょう。