美術館北通り診療所ブログ

高コレステロール血症の食事療法

2012年1月29日 / お知らせ

「何を食べたらいいのですか?」と

よく聞かれます。

「腹八分でいいよ」、「カロリー控えめにね」では、

患者さんは???

インターネットでせんぽ東京高輪病院栄養管理室の食事療法が

公開されていました(http://www.sempos.or.jp/tokyo/shinryo/pdf/cholesterol.pdf

それによると、

1.肉類よりも大豆製品、脂肪の多い魚の割合を増やす

・大豆製品は1日2回を目標に、今までより増やす

 納豆、ゆで小豆、豆腐、豆乳、高野豆腐、きな粉、大豆プロテイン

・脂肪の多い魚は週5-6切れ食べる

・肉類は週3回までとして、できるだけ低脂肪(モモ・ヒレなど)にする

2.乳製品は低脂肪に変え、洋菓子は減らす

・牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品は、牛乳にして200ml程度

3.油は、悪玉コレステロールを減らすオリーブ油またはなたね油に

・肥満がなければ、1日2-3回はオリーブ油を使う

・肥満の人は2回まで

4.緑黄色野菜と海草を十分にとる

・1食の野菜量は、生なら両手の平に1杯、炒め物は両手の平に1杯

 お浸しは片手1杯、このうち半分は緑黄野菜にする

5.太っている人は、体重を減らす

・目標体重を決める

 この中で、やり方が分からないのは、「体重を減らす」???

どうやってするかは、説明がありませんでした

「体重を減らす」には、「摂取エネルギー」<「消費エネルギー」とすればよいのですが、

食べたら、「歩く」?、いつ?どの程度?

運動療法については、またの機会に