美術館北通り診療所ブログ

winter

2016年1月21日 / お知らせ

こんにちは。Tです
私事ですが今年最初のブログとなります。いい一年にしましょう。
暖冬といわれていましたが、寒くなりましたね。子供の冬休みの宿題に「冬の行事」という課題がありました。何があるのか悩みました。その結果、冬至、お正月、七草、大寒・・・などがあり、お正月は歳神様を迎え家族の健康などを祈り、大寒は一番寒い日ですが、冬至から何日後とかの意味がありました。知っていたようで知らないことでした。我が家では冬は「スポーツの季節」でしたから。スキー、スノボー、アイススケート・・・。スケートで上手にスピンしたい。スキーで上手にターンしたい。挑戦したいことは多々ありますが、今季の大きな私の目標は、上手にこけて骨折や怪我をしない!です。前季はスケートで挑戦した結果、こけた後しばらく、肩と手首が痛くつらかったです。だからこけるのは仕方ないとしても、骨折だけは避けたいのです。皆さんも骨折や怪我の予防のためにスポーツの前後はストレッチをしましょう。でも楽しいことばかりではありません。お正月も終わり、来客が落ち着いて後は片づけや掃除ですね。一月は「いぬ」と言われ時間に追われるために、つい過度な作業により痛みの誘発や悪化につながることも見受けられます。そのため自分のペースで休みながら行う事が重要となります。また隣の部屋やトイレなどの寒暖の差も血圧変化に注意が必要です。手根管症候群(腱鞘炎)は手首の使い過ぎでも起こります。下ばかりむく姿勢を続けていると、頚肩腕症候群や頸椎の障害などを引き起こし、ひどい時は指などのしびれも伴います。肩を一生懸命肩を使っているだけですけど、五十肩になるときもあります。中腰からは腰痛などを引き起こします。腰が原因で足にしびれがある場合もあります。痛みの原因になる姿勢や負担はできるだけ避けたいものです。