美術館北通り診療所ブログ

食欲の秋!!!

2016年9月29日 / お知らせ

愛犬家Tです。

夏も終わり、秋が深まってきましたね。

秋と言えば、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋などがありますね。

秋の食べ物……サンマですね。

今日はサンマやサバなどの青魚の話を少ししたいと思います。

サンマやサバ、アジ、イワシなどの青魚には生活習慣病を予防・改善するために栄養が豊富に含まれています。よく耳にしたことのある、青魚に共通して多く含まれる栄養成分、EPA/DHA。血液中の中性脂肪値やコレステロール値を低下させて血流をよくし、動脈硬化の予防に役立ちます。

『サンマの栄養成分』

「サンマが出るとあんまが引っ込む」と言われるほど、サンマは江戸時代からその栄養価が高く評価されている魚です。不飽和脂肪酸であるEPA/DHAが青魚の中でも特に多く含まれています。旬の秋が最も脂がのり、このじきのサンマがもっとも多くのEPA/DHAを含んでいます。

血液の循環を良くしたり、悪性貧血を予防するビタミンB12もほかの魚の約3倍、動物のレバーに匹敵する量が含まれています。ビタミンB2も含まれ、動脈硬化の予防や肌荒れ防止に役立ちます。

カルシウムや鉄、コレステロールを下げて血液をサラサラにするタウリンもサンマの栄養成分として挙げられます。

以前より値段が上がってきているサンマですが、刺身に塩焼き、みりん干しなど様々な調理で旬のものを食べて身体の中から健康を目指しましょう‼