美術館北通り診療所ブログ

繰り返す肩こり

2019年7月10日 / お知らせ

肩周りがえらくてマッサージに行くけど(その他筋肉を緩める方法を行うけど)

その時だけですぐ戻る(´・ω・`)

って経験はありませんか?

 

経験がある人は触れている場所が違うのかもしれません。

 

自分が意識して触れるのは肩の前側の筋肉と脇腹の筋肉です。

 

前側の筋肉を緩める:①鎖骨の下縁を指の腹で圧迫していきます。強さは気持ちよさを感じるくらい。

脇腹の筋肉を緩める:①手で脇腹を軽く圧迫しながら肋骨に沿って動かします。

↑痛みを感じると強いです。いた気持ちの良い強さで行ってください。

 

↓は肩こりの筆者なりの捉え方です。

・普段の作業姿勢が猫背になっていると、肩甲骨が外側へ動きます。

・パソコンやスマホ操作時など、腕の位置が固定されるように筋肉で止めています。

・この力入れっぱなし状態が持続することで少しずつ脇腹の筋肉が硬くなります。

・硬くなると、肩甲骨が内側に戻ろうとしても戻れなくなります。

・肩甲骨をもとの位置に戻そうと大きな筋肉で引っ張ってこようとします。

・大きな筋肉は、力は強いですが疲労しやすいです。疲労すると身体に対してSOSを発します。

これが「痛み」や「違和感」になります。

・この痛みって不快なので、様々な対策を講じます。

・そしてこの痛みをだす筋肉が緩むと、肩甲骨はやっぱり外側へ引っ張られます。

・緩んだ筋肉は緩んでいる場合じゃない!と、また肩甲骨を元の位置に戻そうと頑張ります。

するとまた「痛み」が出て・・・の繰り返しになります。

 

元をたどれば猫背を何とかしましょうって話になりますが、今回はそこを深堀しません。

 

自分は痛みは結果で、原因は他の場所にあると考えています。

 

少しでも役に立てたなら幸いです。

リハ科 武田