美術館北通り診療所ブログ

笑って

2019年9月1日 / お知らせ

みなさん、こんにちは。ぽん太ですdog.gif
暑さが苦手な私も 随分朝夕過ごしやすくなってきたなあと思っていましたが、
気象庁によると9月は厳しい残暑が予想されるそうです。
寒暖差で体調を崩しやすい季節の変わり目です。
ストレス過多や体の冷えなどで免疫力が低下していると、病気にかかりやすくなってしまいます。
みなさんも食品やサプリメント・運動など、常日頃取り組まれている健康法があると思います。
そこで今回はみなさんの健康法にプラスワンして欲しい「免疫力アップで病気に負けない体をつく
る」簡単な方法をご紹介します。

それは、「笑う」ことです。

人間の体内には、がん細胞や体内に侵入するウイルスなど、
体に悪影響を及ぼす物質を退治するナチュラルキラー(NK)細胞というものがあります。
このNK細胞は私たちが笑うことで活性化し、
その結果ウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。
逆に悲しみやストレスなどでNK細胞の働きは鈍くなり、免疫力もパワーダウンしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

また笑うと免疫力が高まるだけでなく、体に良い様々な効果をもたらすことがわかっています。

 

  • 脳の働きが活性化する
  • 血行促進
  • 自律神経のバランスが整う
  • 筋力アップ
  • 幸福感と鎮痛作用

 

とはいえ、いくら体に良いからといって、「面白くもなんともないのに大声で笑えない」でしょう
し、「気分が落ち込んでいる時に笑顔になることもなかなか難しい」でしょう。
でもそんな時は作り笑顔でも大丈夫です。心からの笑いでなくとも、口角を上げるだけでも脳は
錯覚し、笑顔の時と同様の効果を得られるそうです。
「微笑み」や「笑顔」は脳をリラックスさせ、声を出して大いに笑えば脳だけでなく全身に与える
運動効果が高いといえます。

作り笑いやつられた笑顔であったとしても笑顔効果が発揮されるのですから、笑わないテはない
ですよね?笑顔はまわりに伝染します。あなたが笑顔でいつづけることで、あなたのまわりには
笑顔が絶えなくなるはずです。
皆さんの健康法に「笑い」をプラスワン。いかがですか?