美術館北通り診療所ブログ

感染症あれこれ

2019年3月22日 / お知らせ

みなさん、こんにちは!TAN×2です☆

今回は、冬から春先にかけて流行しやすい感染症をご紹介します!

 

  • ノロウィルス感染症 <感染性胃腸炎>

 

学校や保育所、幼稚園などで集団感染を引き起こします。

原因となるノロウィルスは、感染者の下痢便やおう吐物に含まれています。気づかないうちにそれらからウィルスが手に付着し、その手で口を触ったり、食物を口に運んだりして感染することもあります。現在のところ、予防ワクチンや特効薬などがありません。

感染してから、下痢症状が治まった後も2週間くらいは便中にウィルスが潜んでいます。

 

  • ロタウィルス感染症 <感染性胃腸炎> 

 

  1. 流行性のおう吐下痢症です。冬から春先にかけて流行しやすい感染症で、これも集団感染に注意が必要です。ロタウィルスは小腸で増殖して下痢症状を引き起こします。潜伏期間は1~3日で、おう吐→水様便(3~8日)を経過します。発症後は「脱水症」に注意が必要です。

<経口補水液のつくりかた>

白湯(湯ざまし)や番茶1リットル+砂糖40g+塩3g

※牛乳などの乳製品は、脂肪分があるため適しておりません。

 

  • RSウィルス感染症

 

乳幼児の肺炎や細気管支炎の原因として最も頻度の高い病気です。秋から早春にかけて流行します。ウィルスは感染者の咳やくしゃみ(飛沫感染)、鼻水などに含まれており、手→目・のど・鼻など粘膜から感染します。

※RSウィルスは一度感染しても何度も感染します。

感染の兆候がみられた場合には、すみやかに医療機関への受診をお願い致します。

お問い合わせ:美術館北通り診療所 診療時間9:00~18:00 水・日・祝祭日休診

TEL:087-813-2220 E-mail:bihoku@machikuri.or.jp

 

お酒の適量ってどのくらい??

2019年3月1日 / お知らせ

歓送迎会にお花見…。何かと飲む機会が多い季節がやってきました。医師からは「お酒は適量を守りましょう」といわれますが、二日酔いしない適量とは一体どのくらいなのでしょうか。

 

数値で適量を知っておくのもひとつの目安になります。以下はその計算式です。

 

『15×体重(Kg)×飲み始めから翌朝の起床時間÷(アルコール度数×0.8)』が適量といわれています。

 

<アルコール度数の参考値>

①ビール(4.5~6.0%)  ②日本酒(15~16%) ③焼酎(20~25%)

④ワイン(11~13%) ⑤ウィスキー(37~43%) ⑥ブランデー(37~40%)

※各数値は銘柄や度数、個人差によって若干変わってきますのでご注意を!

 

<リハビリスタッフ紹介>

初めまして!2月から入職しました、理学療法士の武田です。1月までは県内の病院で勤務していました。時々、患者さんから実習学生と間違われます。

外来での臨床経験は少ないですが、これからしっかり学んでいこうと思います。

体調

2019年1月30日 / お知らせ

こんにちはTYです。インフルエンザや胃腸の調子の悪さなどが流行っています。個人的には寒暖差による咳や鼻水などと、花粉症の症状もでてきています。皆様は大丈夫ですか?気を付けてください。
また世間では「平成最後の~」と言われています。日本では見る事は出来なかった皆既月食。節分。天皇の行事。バレンタインなど。また卒業式。入学式もそうですね。今回のセンバツもそうで、高商頑張って下さい。次大会は次の年号です。次の年号は何でしょうか?交代式。連休。東京オリンピック。行事も楽しみですね。またスケルトン合宿でカナダに行っている人やパラリンピックを目指してる方々もいらっしゃるみたいで、応援したいです。

<猫背>
✮テェック方法
壁側に背中を向けて立ちます。この時「頭やおしりを壁から離して立っほうがラク」と感じる方は猫背の可能性が高いでしょう。
~前かがみの姿勢が習慣化すると、維持しようとはたらく背中やお腹の筋肉が衰え、猫背になっていきます。この姿勢は二の腕やぽっこりお腹などのダイエットに必要な姿勢にもつながります。またスマホを目の高さで見る習慣も猫背を改善する一つです~

✮背筋と腹筋を鍛える筋トレ
⓵うつ伏せで寝ます。
⓶両手で上体を起こし、5秒間キープします。
③ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
④先ほどの姿勢で足の爪先を立てます。
⑤5回繰り返します。
⑥うつぶせのまま手を肩の横に置きます。
⑦背筋を使い、5秒間かけて上体を起こします。
⑧ゆっくり元の体勢に戻ります。